R & D
研究開発

CFRTP成形加工基盤技術確立の取組み

※平成26年度『ふくおかIST FS事業』

※平成25年度『中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業』

-概要-

多くの企業では、環境問題より、軽量化商品開発に力を入れている。
その中で、注目されている素材のひとつが、熱可塑性炭素繊維材(以下、CFRTP)である。
そこで、サーボプレス機を活用したCFRTP成形加工基盤技術確立に関する取組みを行います。
以下は、2013年11月~12月の間に実施した、基礎実験の概要のご紹介。

-試作金型選定-

量産用プレス金型 量産製品(Steel)
画像 画像

-試作結果-

項目 TI-AC40
短繊維
PA-3KP
長繊維
画像 画像 画像
加熱温度(℃)
成形時間(分)
170~180
2
220~250
2

-主要課題-

項目 TI-AC40
短繊維
PA-3KP
長繊維
不具合 画像 画像
要因 ①凹形状
  金型エアー抜き穴の影響

②亀裂
  シワ押えのタイミング
  成形Rが小さい
  成形温度が低い
①稜線の波うち
  金型構造の影響
画像
②外周バリ
  Cut型のクリアランス調整

③材料不足
  既存材(Steel)の展開長で製作していたため
対策 ①凹形状
  エアー抜き位置変更で対応可能と判断している

②亀裂
  上記要因の見極めが必要(2014年の検討課題)
①稜線の波うち
  金型構造見直しを行えば、対策可能と判断している

②外周バリ
  上記要因の見極めが必要(2014年の検討課題)

③材料不足
  展開長を見直せば対策可能と判断している

-今後の取組み-

成形時間の短縮、課題の対策を実施し、お客様のご要望に応えられる研究開発を行います。

PAGE TOP